プリウス 中古車

プリウスの中古車はこう選べ!価格相場と失敗しない購入法とは?

プリウスの中古車を購入するために

ハイブリッド エコカーとして有名なプリウス。
昔から根強い人気を誇っています

 

新型は高くて手が出ないという方には中古車もオススメ。
プリウスは、最新型じゃなくても十分なスペックを持っているのでとても人気があります。

 

プリウスの価格の相場や失敗しない購入法をまとめてみました。

 

 

 

プリウスの中古車相場について

 

1997年に発売以降、進化しながら代替わりしているプリウスですが、今の主なプリウスの中古車は2代目(20系)・3代目(30系)が主流です。

 

 

価格としては次の通りです。

 

 

2代目(20系) 2003年-2012年
新車価格:215〜334万円
中古車相場:32.3〜124.2万円

 

3代目 (30系)2009年-2015年
新車価格:189〜343万円
中古車相場:85〜219.1万円

 

プリウスPHV(35系)2012年-2016年
中古車相場:108〜333万円

 

プリウスα(40系)2011年-
新車価格:247万円〜349万円
中古車相場:59.9万円〜369万円

 

4代目(50系)
2015年12月に発売された新型プリウス
新車価格:242〜339万円
中古車相場:158〜458万円

 

 

プリウスは沢山の種類がでてるので迷ってしまいますね!

 

そんな時は、どの程度のランクが欲しいのか絞ってから探すと楽だと思います。
中古車を購入するのなら、『年式が新しい』『走行距離が短い』『価格が安い』
この3つを大切にしたいですね。

 

 

プリウスの失敗しない購入方法

 

プリウスには2つのバッテリーがある?

 

プリウスには、従来の車と同様の『補機バッテリー』の他に『駆動用バッテリー』というものがあります。

 

駆動用バッテリーは、大きさも何倍もあり電圧も高い特殊なバッテリーで、
ハイブリッドカーならではの物ですね。

 

 

バッテリー寿命は?

 

駆動用バッテリー
寿命:10年以上
価格:13万円(工賃別)
補機バッテリー
寿命:4〜5年
価格:4〜5万円(工賃込み)

 

 

普通車に比べ、ハイブリッドカーなだけあって、バッテリーの価格はかなり価格が高い・・・
なので、買い替えを視野に入れてもいいかもしれません。

 

ちなみに、バッテリーがおかしくなる場合は、前兆として以下の様な症状が出てくるようです。
『燃費の悪化』『放電・充電が早い』『EV走行距離が短い』

 

 

5年車検(2回目の車検)と同時であれば、トヨタの保証がつくしプランというものがあるので
中古車を購入するにあたり、バッテリーが心配なら5年車検前のプリウスを選ぶのもありですね!

 

 

修理歴のある車

 

中古車を探していると、安い車には修理歴がある事がほとんどです。

 

「修理歴?なぜ治してあるのに安くなっているの?」

 

疑問に思いませんか?
理由は簡単で、実は完全に修理するのが困難だからです。
今後の故障やトラブルの原因になる可能性は高いからなんですね。

 

※修理歴とは?
車の骨格にあたる重要な部分を修理していること。
なので、事故車=修理歴と勘違いしている人もいますが、これは間違いなんですね

 

中古車選びの際は、安いからといって飛びつかず、修復歴のある格安中古車には注意しましょう。

 

 

事故車の見分け方

 

実は事故車を見分ける方法は色々ありますが、これがとても難しい。
事故車を見分ける仕事の人でも間違える事があるんです。
なので、素人にはまず無理だといえます。

 

オークションで、事故車ではない車を落札したのに
その後、現車を整備したら事故車であった。などという事は、めずらしい話じゃありません。

 

ですので、事故車かどうか見分けてから買うのではなく、
購入後、事故車だった場合は全額返金してくれるか?確認してから購入した方がいいでしょう。

 

まとめ

 

中古車の相場は日々変動していきますので、ちょくちょくチェックするといいでしょう。
中古車を選ぶ際は、年式・走行距離・価格の他にも、修理歴があるかどうかも大切なポイントになってきます。
故障や事故の原因になる事もあるので、修理歴のある車は避けた方がいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ