プリウス 純正ナビ バックカメラ

プリウスの純正ナビとバックカメラについて

プリウスの純正ナビ&バックカメラは後付けできる?

 

車を購入したなら、是非ともつけたいのがナビとバックカメラ。
ナビは音楽を聞いたり場所を検索するのに便利ですし、バックカメラは、バック駐車が苦手な人にはもちろんですが、自動車の真後ろが視認できるようになるので、思わぬ事故を防ぐ為にも有能なんです。
あると便利なナビやバックカメラについて、まとめてみました。

 

純正ナビと社外ナビの違いは?

 

ざっくり説明すると
純正ナビとは、ディーラーで車購入時にオプションで付けられるもの。
社外ナビとは、市販で販売されているものです。
それぞれのメリット・デメリットは、以下の通りです。

 

純正ナビ

 

メリット

 

・それぞれの車種の内装にマッチした取り付けがされているので、あまり違和感がなくスッキリする
・保証期間が長いことが多い(例.3年6万キロ保証)
・ハンドルについてるスイッチなどで操作できる車種・機種もある
・地図の更新を1回程度は無料でしてくれるメーカー・機種もある
・納車時に簡単な使い方を教えてくれるので、機械に弱い人にはオススメ
・故障・トラブルがあった場合は基本的にディーラーに行けばいいので、安心

 

デメリット

 

・社外ナビの同スペック品より値段が高い
・将来的なシステムのアップグレードができない、また少ししかできない
・ 走行中、テレビの映像が見えない(工夫すれば見えるようにできます)
・ メーターに埋め込まれているナビや、他の機能も表示することができるナビだと、簡単にナビ本体を交換することができない

 

社外ナビ

 

メリット

 

・純正ナビの同スペック品より値段が安い
・ 各メーカーが常に最新技術を競っているので、機能の進歩が早く、高性能
・ オンダッシュ、インダッシュ(オーディオスペースの中にモニターが格納されるタイプ)、2DINサイズのナビなど多種多様に選べる
・ 取り付けを自分ですれば、工賃を節約できる

 

デメリット

 

・インテリアにジャストフィットしないことがある。
・使い方は自分で勉強しないといけない為、苦手な人には難しい
・保証が基本的に購入時から1年
・社外ナビを取り付けたことにより、車にトラブルが起きた場合は、車が保証期間内であっても、ディーラーでの作業は有料になることがある
・走行中、テレビの映像が見えない(工夫すれば見えるようにできます)

 

 

『純正ナビがオススメな人』

・インテリアとナビのジャストフィット感を大事にする人。
・納車時からすぐナビを使いたく、あとでいろいろ取り付けるのは面倒な人。
・保証期間が長い方がいい人。

 

『社外ナビがオススメな人』

・ハイスペック・ハイパフォーマンスを望む人
・安くナビを手に入れたい人(DVDタイプはかなり安くなっています)
・ナビを自分で取り付けたい人

 

 

機械が苦手、インテリアにこだわりたいという方は純正ナビ

 

機械は得意、安く高性能なのがいいという方は社外ナビがオススメです!

 

どちらもメリット・デメリットあるので、自分に合う方を選ぶといいでしょう。

 

 

中古で買った場合、後付で純正ナビやバックカメラは付けられるのか?

 

 

結論から申しますと、取り付けは可能ですが・・・取り付け工賃が高いです。

 

取り付け工賃は別として、まず本体を手に入れないと始まりませんね。

 

バックカメラは安いものだと5000円から購入する事が出来ます。
純正ナビに合うものだともうちょっとお高めです。

 

純正ナビについては、中古品が存在します。これは純正ナビから、社外ナビに買い替えた人が中古品として出品するからです。
パーツ屋さん、リサイクルショップ、ネットオークションなど・・・
純正中古ナビ専門店もあります!
ただ、取り付ける車に合う純正ナビを見つけるのは、車種によっては大変です。

 

取り付け工賃はいくらするのか?

 

取り付け工賃の相場は以下の通りです。

 

カーナビ(本体+モニター+アンテナ) 21,000〜31,500円
カーナビ(2DIN+アンテナ) 21,000〜31,500円
カーナビ(ポータブル) 10,500〜21,000円
バックカメラ 5,250〜10,500円

 

なかなか高額でビックリしますね!
これは、保障の問題があるので持込はどこのお店でも嫌がる為です。
自分で取り付けできない場合、通販で安く買っても意味ないですね・・・

 

「価格を抑えて安くしたいけど、取り付けは無理」
という人は、購入店で同時に取り付け依頼をするのが最も良いでしょう。

 

 

ナビデータのアップデート方法や費用は?

 

ナビを何年か使っていると、道や建物が変わってきてしまい、
情報が違い過ぎて混乱したり、検索してもヒットしなかったりと意外と不便でよね・・・

 

ナビの情報をアップグレードすることでそうした悩みを解決する事が出来ます!

 

純正ナビなら、ディーラーに問い合わせしてみて下さい。純正ナビの場合はアップグレード初回無料の場合が多いです。

 

社外ナビなら、メーカーのホームページを確認しましょう。

 

古いナビの場合は、サービス終了している事もあるので、早めに確認した方がいいでしょう。

 

主な方法としては、

 

・DVDディスクで読み込む
・パソコンを使ったSDカードで読み込む
・HDDを送って更新してもらう。  など

 

ナビによってやり方が違うので、ご自分のナビを確認してみて下さいね!

 

 

まとめ

 

純正ナビと社外ナビでは性能に差があることがありますが、ただナビを使いたい。難しい事は苦手な人は純正ナビがいいと思います!
保証もありますし、購入時に使い方を教えてもらえたりしますよ。

 

ナビデータはいざという時の為に目安として2年程で更新するといいでしょう。
データが違いすぎて困る場合は、大抵知らない土地でなので更新した方が安心できますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ