プリウスα 長所 短所

プリウスαって何?

 

プリウスシリーズの中に『プリウスα』という車があります。
パッと名前を聞いただけじゃ、正直、プリウスシリーズのどこら辺なのか?何が違うのか?分からないですよね。
プリウスαは、最も売れた3代目プリウスの派生車種として2011年に発売され、今でも人気があるんです!

 

一体どんな車なのか、気になりますね。
プリウスαの情報をまとめてみました。

 

 

プリウスαと3代目プリウスの違いは?

 

2列シートの5人乗りの『ステーションワゴンタイプ』
3列シートの7人乗りの『ミニバンタイプ』の2種類があります。
利用用途によって選択できるのが嬉しいですね!
※7人乗りモデルは5人乗りから大きくなったわけではない為、窮屈に感じると思われます。
普段使いは4〜5人程度がオススメです。

 

 

プリウスαのスペックは以下の通りです。

 

『全長』4,615mm(前期型)
4,630-4,645mm(後期型)
『全幅』1,775mm
『全高』1,575 - 1,600mm
『ホイールベース』2,780mm
『車両重量』 1,450 - 1,490kg
『ハイブリッド方式』
HV(リダクション機構付THS II)
『動力用主電池』
ニッケル水素電池(5人乗り)
リチウムイオン電池(7人乗り)

 

3代目のプリウスと比べると、
「全長 +150mm」
「全幅 +30mm」
「全高 +85mm」
「ホイールベース +80mm」
と、大きめでゆったりとしたサイズ

 

大きめのサイズになった事で、3代目プリウスのデメリットだった居住性がよくなっているのは、プリウスαの大きなポイントですね!

 

 

プリウスαの長所

 

走行音がとても静か
最大燃費が26.2km/Lとミニバン最高クラスの燃費
※実燃費は「20km/L」と言われています
ハイブリッド車が262万円から購入可能
とっさに急ブレーキを踏んだ時に、ハザードランプを点滅させることで危険を知らせる『緊急ブレーキシグナル』が標準装備
車の電気を家電に利用する事が可能
※5人乗りにメーカーオプション。
例えば停電時もプリウスαの電気を使ってスマホを充電したり、パソコンを起動したりすることができる(家電によっては電力不足で作動しない場合あります)

 

 

プリウスαの短所

 

車高が低いので室内・荷室共に狭い。※3列目シートがあるミニバンでありながら燃費が良いだけあってとても車高が低く風の抵抗を受けないデザインになっている為
『ミニバンタイプの場合』3列目は横幅、頭上の空間共に狭いので普段使いには向かない
Ecoモードでは加速がしづらい
スライドドアではない為、小さいお子さんを持つ方だと不便に感じる事も。

 

 

こんな人にはプリウスαがオススメ!

 

低燃費なファミリーカーが欲しい人
大きすぎず、小さすぎない大きさの車が欲しい人

 

2017年中には、新型プリウスαが登場?!
4代目プリウスの発売を受け、プリウスαも新型が出る話がでています。
発売は2017年の春か秋頃だと噂されていますね。
今売られているプリウスαよりもお高めになると予想されていますが、より高性能な車になりそうです。
どんな車なのか発売が楽しみですね!

 

 

まとめ

 

プリウスαは、3代目プリウスをグレードアップしたもので大きめの車体から「デカプリウス」と言われることもあります。

 

5人乗りと7人乗りの二種類あるので、自分の利用用途に合わせて選んでみるといいです!

 

新型プリウスαが出てからだと、現行のプリウスαの中古価格が落ちるので、そこを狙ってみるのもオススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ