プリウス PHV

プリウスPHVって何?

 

プリウスシリーズの一つに『プリウスPHV』という車があります。

 

プリウスPHVの「PHV」とは、「プラグイン・ハイブリッド」の略称なのですが、普通のハイブリッドと何が違うのか分からない人も多いのではないんでしょうか?

 

「プラグイン・ハイブリッド」とは一体何なのか?
プリウスPHVはどんな車なのか?
特徴や長所・短所をまとめてみました。

 

 

プリウスPHVとは?

 

※PHV(プラグイン・ハイブリッド)とは?
ハイブリッドカー(エンジンと、電力によるモーターで駆動する車)と電気自動車(EV)の中間あたりに位置する車。
電気のみでの走行距離が長く、ハイブリッドカーと違い、家庭用のコンセントから直接バッテリーに充電できます。

 

 

『プリウスPHV』の特徴
家庭用コンセントや専用充電器などの外部電源(プラグ)からバッテリーに直接充電することが可能。
プリウス同様、プリウスPHVもモーター(電気)とエンジン(ガソリン)で走行。
モーターで走行できる距離がプリウスよりも長くフル充電すると20q以上走行できる
※乗り方次第では燃料代が全くかからないようにすることも可能。

 

モーターとエンジンの使用状況だけではなく、充電完了までの残り時間や充電
電力がひと目でわかるようになっている
システムをがあり、とても分かりやすいです。

 

ハイブリッドカーよりもガソリンを使わなくて良く、
電気自動車とは違い、ガソリンも使えるので長距離での運転も心配がいらない

 

まさに、ハイブリッドカーと電気自動車の良いところどりした車といえます!

 

プリウスPHVの長所

 

燃費が良い
※20km走ると貯めている電気を使い切り、そこからは普通のプリウスと同じくガソリンが無くなるまで走れる。
また、ガソリンの消費もプリウス同様に低燃費。
電気での走行距離が長い
環境性能が高い
車で家電が使える
※家庭用のコンセントと同じAV100Vの電源がある為、車で家電が使えます。

 

 

「近くに行くときはコストの低い電力で、遠くに行くならエネルギー補給の容易なガソリンで」
というのがプラグインハイブリッドの魅力です!

 

電気での走行距離が長く、近距離ならガソリンを使わなくていいので
ガソリンの値上がりが気になる昨今としては大きなポイントですね。

 

 

プリウスPHV短所

 

専用コンセント設置のために工事が必要
※工事の費用も10万以上。?アパートやマンションの場合、充電設備を設置できない場所もあるので事前に確認が必要。

 

「屋外コンセントの本来の使用用途と異なる為」
「屋外コンセントと接続しているブレーカーが耐えられない」
「アースが付いてない」等
以上の理由から、プラグイン充電を使用するとき屋外に常備されている通常のコンセントは使えないです。

 

200Vの充電スタンドが少ない
車内スペースが狭い
※多くのバッテリーを搭載するため、車内のスペースが犠牲になる? 販売価格が高い
バッテリーの分、コストや重量がかさみ、車体価格も高めになっています。?プリウスPHVの場合、?ハイブリッド車(242万円〜319万円)?PHV車(294万円〜321万円)

 

やはり、モーターを充電する際のマイナス面が目立ちますね。
充電などコストがかかる為、「トータルで考えるコストがかからないから」という理由ではハイブリッドカーに劣るようです。

 

 

こんな人にはプリウスPHVがオススメ

 

電気自動車を買うのは不安だけど、ガソリンでの走行を減らしたい人
モーターで走行する範囲(20キロ内)で車を利用する人

 

2月には、屋根にソーラーパネルを搭載した新型プリウスPHVが発売されます!
よりエコな車が気になる人は是非チェックしてみて下さいね。

 

まとめ

 

プリウスは、ハイブリッドカー
プリウスαは、大きくなったプリウス
プリウスPHVは、ハイブリッドカーと電気自動車の中間のような車 と覚えておきましょう!
電気自動車には憧れるけれど、いざという時に長距離走れなかったりするのは不安という方には最適な車です。
ガソリンの価格も不安定ですので、ガソリンに頼りっきりじゃなく利用できるのは魅力的ですね!


ホーム RSS購読 サイトマップ